« やっちまった…。 | トップページ | 2/22(日)早朝 港ペディ »

2009年2月21日 (土)

2/21(土)早朝 港ペディ ~ Eton E1デビュー

受信音の編集に手をつけないまま今朝を迎えてしまいました…。
しかし今朝は、ひさびさに冷え込みが厳しかった!


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0520- / 4770kHz / R.Nigeria-Kaduna / 25332
0520- / 4780kHz / R.Djibouti / 24232
0520- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 44444
0530- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 34232
0530- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 45343
0530- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0545- / 7540kHz / Denge Mezopotamya / 45444
0600- / 9565kHz / Super R.Deus e Amor? / 35232
0600- / 9630kHz / R.Aparecida / 35333
0610- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0610- / 9530kHz / R.Trans Mundial / 35232
0630- / 4965kHz / CVC-Zambia / 45333
0700- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 35322
0800- / 4765kHz / Tajik.R. / 45333

RX : E1
ANT : AN-12


「もしICF-2010が壊れたら…ペディ、どうすんだ? いまさら7600GRには戻れんだろ…」

てなカンジの、かなり強引な理由をつけて自分を納得させて入手したEton E1
説明書もろくに読まないうちから…というか、英文なのでそもそもあまり読めない(^^ゞ…ペディに連れていきました。

まあ今日はワッチというよりE1をイジることに重きを置いてしまいましたが、その実力はなかなかのものだと思いました。
E1購入の大きな理由として、SONYの2台でヤミツキになってしまった同期検波機能を備えてるというのがあったんですが、とくに選択度4kHz幅のときはかなり有効でした。
あと、ほとんどの受信において、AN-12はいつもと同じく“スタイリッシュバージョン”(エレメント最縮にして寝かせ気味にする)にしてましたが、もう少し伸ばしてもよかった(E1に“余裕”がある)ように思いました。

気になったのがヘッドホン使用時のヒスノイズ。
ペディではスタイル重視で…というか、あまり目立たないように…HS-5やHS-6のような通信用ヘッドホンではなく、普通のポータブルオーディオ用のインナーイヤータイプのものを使ってるんですが、ちょっとこのヒスノイズには閉口しました。
E1にはトーンコントロール(低音・高音独立式)もついてるんで、これを絞ったりしてみましたが消すことができず、受信状況によってはかなり耳障りだな、と。

それと、本格的なペディならともかく、僕みたいなお手軽ペディ派にとってはあの図体はやっぱデカすぎです。
電池も、ICF-2010が3本なのに対し4本必要。 単1なのでけっこう高くついてしまいます…。<セコいですか?(^^ゞ


ま、そういうわけで、とりあえずまだ1回使っただけですが、E1には(ICF-2010が壊れるまでは)自宅をメインにこれから活躍してほしいと思います。
いまもシャックの他の受信機…R8、IC-R75らと遜色ない状態でPNG方面の電波をキャッチしてくれております。

100_0967


|

« やっちまった…。 | トップページ | 2/22(日)早朝 港ペディ »

LOG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148145/28275492

この記事へのトラックバック一覧です: 2/21(土)早朝 港ペディ ~ Eton E1デビュー:

« やっちまった…。 | トップページ | 2/22(日)早朝 港ペディ »