« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

【受信音】 9645kHz R.Bandeirantes

このところ何かと忙しくて、ろくにRXのスイッチを入れることもできず、当然受信音の編集作業もままなりません…。


とは言え、ブログほったらかしなのもアレなので、とりあえず2/22(日)夕方のミニペディから、9645kHzのブラジル局 R.Bandeirantesの受信音をアップしておきます。

1735に出たID部分が開始後15秒ごろ明瞭に聴き取れます。


※音量に注意してお聴きください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

2/22(日)夕方 近場の高台ミニペディ

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

1645- / 9819.1kHz / R.Nove de Jilho / 34333
1700- / 6135.0kHz / R.Aparecida / 44444
1700- / 9565.0kHz / Super R.Deus e Amor / 33333
1730- / 6000.0kHz / R.Guaiba? / 34322
1730- / 9645.0kHz / R.Bandeirantes / 44433
1730- / 7245.0kHz / R.Mauritanie? / 45433
1740- / 5024.9kHz / R.Rebelde / 44333
1800- / 6080.1kHz / R.Marumby / 43443
1815- / 4915.1kHz / Brasil??? / 35333
1830- / 4815.0kHz / Brasil??? / 34322

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


1日2回も港へ…となるとガソリン代のことでカミさんにガミガミ言われますので(苦笑)、自宅から近い高台で妥協。(^^ゞ。
それでもかなり白い目で見られたので、あまり時間がとれませんでした。


6000kHzはおそらくR.Guaibaと思われますが、ここぞというときに(?)ヘンなバリバリノイズの襲撃もあってIDとれず。
4915kHzと4815kHzは帰宅時間が迫る中での受信で、Brasil局であるのは間違いないですがID未確認。4915kHzは説教プロのようで、我慢して(笑)聴いてたのに、1830直前から出てきた混信に潰されてしまいました…。

7245kHzのMauritanie?は影山OMの掲示板の後追いでしたが、かなり良好に入ってました。追いたかったんですが、今回はLAメインと決めてたんでやめました。(18時過ぎにちょっと合わせたときには中国が出ていてアウトでした。)


僕の場合、夕方のワッチはあんまりやらない(やれない?)んですが、けっこう聴こえるもんですねえ。<今日のコンディションがよかったのかな…?(^^ゞ
また近々、カミさんの目を盗んで(笑)出陣したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2/22(日)早朝 港ペディ

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0500- / 3396.1kHz / R.Zimbabwe / 25232
0500- / 3200.1kHz / TWR-Swaziland / 35333
0510- / 5010.0kHz / R.Madagasikara / 35322
0510- / 6010.1kHz / R.Fana / 43443
0510- / 9580.1kHz / Africa No.1 / 45444
0510- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 45444
0520- / 4780.1kHz / R.Djibouti / 32332
0520- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 45333
0520- / 4965.0kHz / CVC-Zambia / 45333
0520- / 4976.0kHz / R.Uganda / 35333
0530- / 4930.1kHz / VOA-Botsuwana / 44444
0530- / 6055.0kHz / R.Rwanada / 43433
0540- / 4905.0kHz / RNT / 45444
0545- / 5005.0kHz / R.Bata / 24332
0610- / 5995.0kHz / R.Mali / 32332
0620- / 5010.0kHz / R.Madagasikara / 35333
0645- / 4770.0kHz / R.Nigeria-Kaduna / 35232
0700- / 3396.1kHz / R.Zimbabwe / 35333
0800- / 13760.0kHz / R.Habana Cuba / 35333

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


今朝のアフリカはよかったですねぇ。
復活したZimbabweとMadagasikara(今日から放送時間が元に戻った?)、さらにBata、Maliと揃ってくれると、それだけでかなり満足してしまいます。

…え?“志”が低いですか?(^^ゞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

2/21(土)早朝 港ペディ ~ Eton E1デビュー

受信音の編集に手をつけないまま今朝を迎えてしまいました…。
しかし今朝は、ひさびさに冷え込みが厳しかった!


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0520- / 4770kHz / R.Nigeria-Kaduna / 25332
0520- / 4780kHz / R.Djibouti / 24232
0520- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 44444
0530- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 34232
0530- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 45343
0530- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0545- / 7540kHz / Denge Mezopotamya / 45444
0600- / 9565kHz / Super R.Deus e Amor? / 35232
0600- / 9630kHz / R.Aparecida / 35333
0610- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0610- / 9530kHz / R.Trans Mundial / 35232
0630- / 4965kHz / CVC-Zambia / 45333
0700- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 35322
0800- / 4765kHz / Tajik.R. / 45333

RX : E1
ANT : AN-12


「もしICF-2010が壊れたら…ペディ、どうすんだ? いまさら7600GRには戻れんだろ…」

てなカンジの、かなり強引な理由をつけて自分を納得させて入手したEton E1
説明書もろくに読まないうちから…というか、英文なのでそもそもあまり読めない(^^ゞ…ペディに連れていきました。

まあ今日はワッチというよりE1をイジることに重きを置いてしまいましたが、その実力はなかなかのものだと思いました。
E1購入の大きな理由として、SONYの2台でヤミツキになってしまった同期検波機能を備えてるというのがあったんですが、とくに選択度4kHz幅のときはかなり有効でした。
あと、ほとんどの受信において、AN-12はいつもと同じく“スタイリッシュバージョン”(エレメント最縮にして寝かせ気味にする)にしてましたが、もう少し伸ばしてもよかった(E1に“余裕”がある)ように思いました。

気になったのがヘッドホン使用時のヒスノイズ。
ペディではスタイル重視で…というか、あまり目立たないように…HS-5やHS-6のような通信用ヘッドホンではなく、普通のポータブルオーディオ用のインナーイヤータイプのものを使ってるんですが、ちょっとこのヒスノイズには閉口しました。
E1にはトーンコントロール(低音・高音独立式)もついてるんで、これを絞ったりしてみましたが消すことができず、受信状況によってはかなり耳障りだな、と。

それと、本格的なペディならともかく、僕みたいなお手軽ペディ派にとってはあの図体はやっぱデカすぎです。
電池も、ICF-2010が3本なのに対し4本必要。 単1なのでけっこう高くついてしまいます…。<セコいですか?(^^ゞ


ま、そういうわけで、とりあえずまだ1回使っただけですが、E1には(ICF-2010が壊れるまでは)自宅をメインにこれから活躍してほしいと思います。
いまもシャックの他の受信機…R8、IC-R75らと遜色ない状態でPNG方面の電波をキャッチしてくれております。

100_0967


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

やっちまった…。

100_0965_3


アカン、またビョーキが出てしまった…。 orz

明日のペディでデビューするとかしないとか…。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

2/15(日)早朝 港ペディ ~ オバケ!オバケ!オバケ!

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0500- / 3200.0kHz / TWR-Swaziland / 25232
0500- / 3320.0kHz / R.Sonder Grense / 25232
0500- / 3345.0kHz / Channel Africa / 23332
0510- / 4780.1kHz / R.Djibouti / 35232
0510- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 35333
0510- / 4905.0kHz / RNT / 35333
0515- / 4965.0kHz / CVC-Zambia / 35333
0515- / 6055.0kHz / R.Rwanda / 32332
0520- / 3396.0kHz / R.Zimbabwe / 35222
0545- / 7455kHz / R.Algerienne / 44444

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


3396kHzのR.Zimbabweがひさびさに復活!
受信当初は空耳程度だったのが徐々に音になり始め、さらなる上昇を期待して薄暗い車中でひとりほくそ笑んでいたんですが、今朝はどういうわけか06時前後からNHK(あと、たぶん中国も)のオバケがあちこちに出現。
ちなみにAN-12はいつもと同じくエレメント“最縮”仕様。これまでのペディでこんなことはなかったんですけど…。

ムダとは思いつつエレメントの向きを変えたり、普段よりさらに寝かせてみたりとかやってみたんですが、とにかくどこを聴いても浮かび上がってくるNHKにウンザリ。
結局07時前にはさっさと店じまいして帰途につきました。


影山OMの掲示板を覗いてみたら、なんか今朝のお空の状態は異常(?)だったようで…。

でも07時以降には“アフリカ大爆発”だったとかで、もうちょっと粘ればよかったと、いま猛烈に後悔しとります…。orz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

2/14(土)早朝 港ペディ

05時前に到着して、いつもと同じくICF-2010とAN-12のコンビをセッティング。
ワッチ開始しての第一印象は、「今朝はえらく静かだな…」
なじみの常連局に合わせみると、まあ聴こえるのは聴こえるにしても、どこも一様にSが弱い…。

RX、ANTの電池切れによる感度低下…は考えられないな。どっちも交換して間もないし。
となると、も…もしかしてICF-2010の経年劣化?

との不安がよぎり出した06時前。

ふと見ると、AN-12のコントローラーからICF-2010へのケーブルが、本来のAM用端子ではなくAIR/FM用端子のほうにつながってましたとさ…。orz


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0545- / 3320.0kHz / R.Sonder Granse / 34232
0545- / 3345.0kHz / Channel Africa / 33333
0545- / 4770.0kHz / R.Nigeria-Kaduna / 25332
0545- / 4780.0kHz / R.Djibouti / 35333
0550- / 4965.0kHz / CVC-Zambia / 35333
0550- / 9580.0kHz / Africa No.1 / 44333
0600- / 9575.0kHz / R.Medi 1 / 45333
0615- / 5004.9kHz / R.Bata / 34333
0720- / 4976.0kHz / R.Uganda / 35333
0730- / 5995.0kHz / R.Mali / 33333

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


てなわけで、バカやって貴重な1時間をムダに過ごしてしまったんで、LOGはちゃんと聴き出してからの分です。(^^ゞ

今朝は4976kHzのR.Ugandaが遅くまでやっていて、港から退散する08時前にも元気でした。
あと、5005kHzのR.Bataがなかなかの状態だったので追っかけてみました。
次第に混信も悪化しSも落ち込んで途中聴こえなくなったりもしましたが、08時終了前の国歌までなんとか持ちこたえてました。
こちらはようやくIDをGETできた(と思う)ので、録音ファイル編集後にアップ予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

【受信音】 4739.6kHz R.Son La

味わいのある、のどかというより奇妙な(笑)音楽でファンの多いおなじみの局です。

2/9(月)、仕事帰りが遅くなったついでとばかりに、自宅から数キロの位置にある公園の駐車場で車中に置いていたICF-2010とAN-12をごそごそ取り出してちょっとワッチしてみた際のものです。

録音はIS(?)が終了し、しばし沈黙があった後の2100放送開始部分です。
たぶん港だともっとよいコンディションで聴けるんでしょうが、それでも自宅の音に比べればはるかにキレイです。

…まあSon Laの音質自体、お世辞にもキレイとは言えないものですが。(^^ゞ


※音量に注意してお聴きください。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

2/8(日)早朝 港ペディ

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0500- / 6250.0kHz / R.Malabo? / 34333
0520- / 3200.1kHz / TWR-Swaziland / 35333
0520- / 3320.0kHz / R.Sonder Granse / 45232
0520- / 3345.1kHz / Channel Africa / 44343
0530- / 4780.1kHz / R.Djibouti / 34232
0530- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 25232
0530- / 4905.0kHz / RNT / 35232
0540- / 4930.1kHz / VOA-Botsuwana / 44343
0540- / 4940.0kHz / VOA-Sao Tome / 45343
0545- / 4965.0kHz / CVC-Zambia / 45343
0610- / 4976.0kHz / R.Uganda / 35232
0630- / 9580.0kHz / Africa No.1 / 45333
0700- / 3325.1kHz / RRI-Palangkaraya / 43443
0715- / 9760.1kHz / Cyprus B.C. / 23232
0745- / 5995.0kHz / R.Mali / 22332

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


今朝はとにかく空電バリバリで閉口しました…。

ワッチ開始早々、いつもは聴こえない6250kHzで音楽(マンボ?)を流す局を発見。
R.MalaboのIDが出るのを待ち構えてたんですが、音楽が0511に中断するや否や同期検波のロックが外れてしまい、“捜索”したものの結局それから見つからず。 唐突にs/offしたのか…?
Pyongyangはまだ出てこない時間だしMalaboだった可能性が高いのですが、まあとりあえず今後の“宿題”としておきます。(^^ゞ

9760kHzのCyprus B.C.は開始時を録音しましたが状態は悪かったです。
音声アップするにはちょっとどうかな~?…ってカンジです。

あと、昨日受信音をアップした5995kHzのR.Mali。今朝は厳しい状況でしたが、そろそろ引き上げようとしていた0745に合わせた際に、ちょうど例のISが流れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【受信音】 9704.2kHz R.Ethiopia

昨日、2/7のペディでの受信音です。

R.Ethiopiaといえば7110kHzのほうが良好に受信できますが、同波のCRIがスケジュール変更したことでまともに聴ける時間が以前より減ってしまってます。

31mbのこのパラ、数ヶ月前までは9705kHzにORTN(Niger)が居座っててちょっと苦しかったんですが、現在同局が停波しており、7110kHzが潰される05時以降はこちらで楽しむことができます。


録音は0600の放送終了前のところで、電子音のIS(?)~ID~国歌という流れです。


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

【受信音】 5995kHz R.Mali

以前から受信はしてましたが、今朝のペディにてようやくIDとISをそれなりに録れましたのでアップします。

R.Maliの本来の周波数は5995kHzですが、受信時のICF-2010の表示は5995.1kHz。
ノイズは増えてしまいますが、うるさい混信を避けるためにあえてチューニングを0.1kHz上にずらして受信したものです。(同期検波使用)

ファイルは0730直前の音ですが、独特の音色のギター演奏に続き、開始1:05あたりから男性による短いID(?)~同じくギターのIS~IDと続きます。

今朝の同局はなかなか粘り強く、この後0840ごろに合わせたときもアフロ音楽がまだそこそこ聴こえてました。


※音量に注意してお聴きください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/7(土)早朝 港ペディ

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0500- / 4780.1kHz / R.Djibouti / 44433
0500- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 45333
0500- / 6055.0kHz / R.Rwanda / 44333
0510- / 3200.0kHz / TWR-Swaziland / 35333
0510- / 3320.0kHz / R.Sonder Granse / 35333
0510- / 4905.0kHz / RNT / 45433
0515- / 3345.1kHz / Channel Africa / 44433
0545- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 35333
0610- / 4965.0kHz / CVC-Zambia / 45333
0620- / 5865.0kHz / R.Algerienne / 45333
0640- / 7475.1kHz / V.O.Greece / 44343
0720- / 5995.1kHz / R.Mali / 33333
0800- / 13760.0kHz / R.Habana Cuba / 34433

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


今朝は90mbのアフリカ勢が好調でした。
が、残念なことに3396kHzのR.Zimbabweは依然としてお休み。早く再開してほしいものです。
60mbもまあまあでしたが、聴きどころの4976kHzのUganda、5005kHzのBata、5010kHzのMadagasikaraあたりが出ておらず、ちょっとさびしいカンジ。 Mauritanieは珍しく音乗りバッチシ!でした。
また、6055kHzのRwandaが絶好調で、同波のR.Nikkeiのs/on後も、同局を完全に裏へ追いやってました(笑)。

今朝の収穫は、5995kHzのR.Maliですかね。
0730前後の録音をあとでアップする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

2/1(日)早朝 港ペディ

風邪ひいてるくせによくもまあ早朝から…と我ながら思いますけど、いまはコレを楽しみに1週間仕事頑張ってるようなもんですから(苦笑)。

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0510- / 3345.0kHz / Channel Africa / 44444
0550- / 4780.1kHz / R.Djibouti / 25332
0550- / 4844.9kHz / R.Mauritanie / 35333
0600- / 4976.0kHz / R.Uganda / 35343
0615- / 5865.0kHz / R.Algerienne / 35333
0645- / 4789.9kHz / RRI-Fak Fak / 33333
0700- / 9420.0kHz / V.O.Greece / 44333

RX : ICF-2010
ANT : AN-12


ざっとチェックしたら3345kHzの Channel Africa が非常に強く入っていて、他にはとくに目立ったところがなさそうだったんで、ワッチ開始早々から同局へのレポートモードに突入。
…と思いきや、同局も0530ごろからは同波 RRI-Ternate と思われる局の混信によりコンディションが悪化してしまいました。
ま、一応、報告書は送ってみましたけどね。(^^ゞ

他は、4780kHzの R.Djibouti が同波にヘンなキャリアでも出てるかのようなカンジで珍しく音乗りが悪かったです。昨日は延長放送やってたようですが、今日は通常どおりの0600終了でした。

4976kHzの R.Uganda は0610過ぎに終了。こちらはDjiboutiと違って、いつも終了時間が中途半端というか、とにかくアバウトな印象があります(笑)。

5865kHzのR.Algerienneはとても強いですね。あとで音をアップしてみようかなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »