« 3/8(日)早朝 港ペディ | トップページ | 【受信音】 4976kHz R.Uganda (その2) »

2009年3月11日 (水)

ペディ時のAN-12の固定方法

よくコメントをいただく猫坂さんから質問がありましたので、いまさらですが、ミニペディ時のAN-12の車のルーフへの固定方法を紹介します。

とか勿体ぶって言うほどのこともないシンプルさでして、早い話、AN-12の取付金具(片方だけ)とルーフの間に強力マグネットを挟む。
ただそれだけです(笑)。

ま、写真を見てもらえば説明不要ですね。

100_0030

一応、ルーフに傷がつくのを防止するため、マグネットとルーフの間にクッション性のある薄い滑り止めシートを挟んであります。


最初は遊人さんが紹介しておられたサクションリフターを用いようと思ってたんですが、ホームセンターで面積、厚さとも手頃な大きさの強力マグネットを見つけてこっちにしました。
ちなみに値段は2,000円弱(…高っ!)でした。(^^ゞ

実際やってみての感想ですが、金具とマグネットのひっつき具合良好で、ルーフに乗っけたまま車を走らせてもAN-12が落ちたりズレたりすることもなく、また、取り付け、取り外しについてはこの上なく楽勝ですから、大正解だったと思ってます。

|

« 3/8(日)早朝 港ペディ | トップページ | 【受信音】 4976kHz R.Uganda (その2) »

受信機・アンテナ」カテゴリの記事

コメント

狸王さん ありがとうございます。
なるほど~強力マグネットでしたか!!
私も春からの屋外受信を始める予定。
先月その為ベランダからAN-1を
外したら・・・中が腐ってました(;一_一)
一応先日APEX RADIOの700DTA
買いましたが、ゲインが低くて・・・。
一応今年は、700DTAと
Grundig G5のコンビで
がんばります。

投稿: 猫坂 | 2009年3月12日 (木) 18時49分

 ごぶさたしてます。KK'Sです。なるほど、これで精力的なペディをされているのですね。私は、ラジオ収集がメイン化しているような・・・。春からはきっと・・ええワッチですよ[願望]。今メインのS-2000で[挙動が少し不安定なのがたまにキズ・・・]。
 ところで私にもご教示を。E-1も入手されたようで、これってアンテナ接続がネックでしょうか?[購入しようかと]・・・それと303WAとAN12ではペディでの使い勝手などいかがでしょう?やはり伸縮式のAN12の方が機動性が上のような?こちらは定額給付金目当てです[汗]

投稿: KKS/Hyogo | 2009年3月15日 (日) 09時54分

KKSさん、オヒサですね。
レスが遅れてすいません。

ご存知のとおり、E1のANT端子は一般的ではないPAL-Pです。
僕の場合は、

「E1←PALJ-FJのコネクタ←両端がFP-ミニJの0.2mケーブル←AN-12」

のようにつないでいます。
AN-12のミニプラグの差込口となるFP-ミニJの0.2mケーブルは、「イエローハット」で購入しました。型番はD-53、たしか900円くらいでした。
ちなみに、自宅でALA1530S+をつなぐ際は、上記のAN-12のところにApexradioさんの35BNC-ATをかましてます。
…う~ん、ちょっとわかりにくいですかね?(^^ゞ

303WA-2とAN-12の比較ですが、ノイズが少ない環境でのペディであれば、僕は馬力(?)のあるAN-12のほうがベターのように感じます。ただしオバケが出るのでエレメント長や角度を適当に調整してやることになり、結果、必然的にコンパクトでカッコいいアンテナになるので(?)かえって好都合(笑)。
303WA-2はオバケは気にしなくてもいいですが、“素”のまま車のルーフに立たせると目立ってしまうのが個人的にはちょっと…。(^^ゞ
303WA-2のルーフへの設置にはマグネット基台を使っていて、まあ倒れることはまずないのですが、強風が吹くと多少揺れるかなぁ…?
でもまあ、どっちを選んでも後悔することはないと思いますよ。お好みでどうぞ!

あと、E1そのものについてですが、RF GAINコントロールがついてない点がちょっと不満ですね、僕は。

投稿: 狸王 | 2009年3月18日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148145/28575571

この記事へのトラックバック一覧です: ペディ時のAN-12の固定方法:

« 3/8(日)早朝 港ペディ | トップページ | 【受信音】 4976kHz R.Uganda (その2) »