« R.Vanuatuを追ってみた。 | トップページ | 【ドキュメント】 R.Nikkeiのイタズラ »

2009年7月11日 (土)

7月11日(土)早朝 モビ受信

時々稲光がする天候の中、迷いましたが出陣しました。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0410- / 11735.0kHz / R.Trans Mundial / 34433
0415- / 3945.0kHz / R.Vanuatu? / 12321
0420- / 3396.0kHz / R.Zimbabwe / 25232
0440- / 7110.0kHz / R.Ethiopia / 45343
0440- / 9420.1kHz / V.O.Greece / 44444
0450- / 11530.1kHz / Dange Mezopotamya / 44444
0450- / 4930.0kHz / VOA-Botsuwana / 45333
0450- / 4940.0kHz / VOA-Sao Tome / 45333
0500- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 35333
0515- / 6110.1kHz / R.Fana / 33232
0520- / 9580.1kHz / Africa No.1 / 43443
0530- / 7205kHz / V.O.Turkey / 44444
0630- / 9800kHz / R.Bulgaria / 45433
0640- / 9575kHz / R.Medi 1 / 45333

RX: Sony ICF-2010
ANT: Sony AN-12


今日はICF-2010を持っていったんですが、E1に比べるとスピーカー(ヘッドホン)から出てくるノイズの音質が非常に滑らか(?)で、モビのロケーションのよさが実感できます。
長く聴いても聴き疲れしにくく、本当にいいラジオです。


今朝も3945kHzのR.Vanuatuに合わせてみましたが、やはりジャミングが居座っていて “何か聴こえるような…” 程度。あっさり撤退しました。

7205kHzのR.Turkeyは英語放送で、0600にCRIが同波に出てくるまで良好に聴けます。
まあ、その時間まではトーク系の番組中心で音楽が少ないのがちょっと残念でありますが。

|

« R.Vanuatuを追ってみた。 | トップページ | 【ドキュメント】 R.Nikkeiのイタズラ »

LOG」カテゴリの記事

コメント

先日私の『携帯電話』に『Radio. Uaganda.』の STAFFの方からの国際電話がかかり会話した。

私も『リスナーにQSLを送らないのは、何故か?』と尋ねた。回答は…『局のボスに許可を得ないと無理だそうです。受信報告書をボス自から目を通して『チェック』をして 気に入らないと破り捨てるらしいです。従ってUBC-RadioのQSLの獲得は困難です。今回『STAFF』からの連絡によると 世界ヶ国の報告書をボスは処分した。と伝えて来ました。どうやら 会社の中も指導が厳しいそうです。辞めてしまう人もたくさんいるそうです。
これで送り続けても返信が来ないわけです。また 私書箱(P.O.B.ox)を勝手に荒す者いるので、毎日BOxはチェックするよう警告が出てます。
『UGANDA』に郵便を出すには注意した方がよいようです。『C.D』『$』は 紛失の可能性がたかいです。
噂だと『JAPAN』を確認しただけで 中身を抜き取るそうです。

投稿: 三宅 秀光 | 2009年7月14日 (火) 23時05分

三宅さん、おはようございます。
R.Ugandaから「電話」…ですか!?
いやぁ、スゴイですね~。
そしてその内容がまた…。(^^ゞ
そのSTAFFの“密告”が事実だとすれば、R.Ugandaは(以前の三宅さんからの情報では)表ではリスナーにレポートを求めていながら、裏ではそれを破り捨てている…ということになりますね。
ドルの抜き取りについては、ウガンダに限らず以前から聞いたことはありますけど…。
何にせよ、僕がR.UgandaのQSLをゲットする目は残念ながらほぼ消えたようですね(苦笑)。

投稿: 狸王 | 2009年7月17日 (金) 05時50分

『VOA』(Botsuwana)&『VOA』(Sao Tome)は、ともに『IBB』宛に送ると『確認証』が、送られますよ。

『UBC-Radio』の『QSL』を他の皆さんにも『公表』したくて、『日本短波クラブ』に投稿しましたが…
公表されませんでした。理由は、『QSL』の獲得が、困難なこと。 どうやって手に入れたのか?怪しいとこがある。
その理由で公表されませんでした。
せっかく『QSL』が、着いたのだから、皆さんも『挑戦』してみたら?と…
『日本短波クラブ』には、気持ちが通じてなかったようです。

投稿: 三宅 秀光 | 2009年7月17日 (金) 23時19分

三宅さん、こんにちは。
いやぁ~、そんなことがあったのなら、なおさらご自身のブログなりHPなりを立ち上げて公開されたらよろしいかと…。
たくさんの貴重な返信実績があられるようなので、巷のDxer諸氏にとって、おおいに参考になるサイトができると思います。
ひとつよろしくお願いしますよ!

投稿: 狸王 | 2009年7月20日 (月) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148145/30508525

この記事へのトラックバック一覧です: 7月11日(土)早朝 モビ受信:

« R.Vanuatuを追ってみた。 | トップページ | 【ドキュメント】 R.Nikkeiのイタズラ »