« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

お休み前のR.Ethiopia

今日は帰りが遅くて疲れました。
V.O.Turkeyから郵便が届いており、先日送付したレポに対する返信かと思いきや、
中身は7月からのプログラム表だけでありました…。


寝る前にちょっとRX群のスイッチを入れたところ、7165kHzのR.Ethiopiaがメチャクチャ強いです。
PERSEUSから、音が柔らかい Drake R8 に切り替えて独特の音楽を楽しんでます。

パラの9560kHzも入感してますが、公称周波数より400Hzほど上にズレてます。


…ということで、ブログの更新稼ぎでありました。(^^ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

【受信音】 6070kHz un ID station

“とれない” とわかってる録音を聴き直すのは正直メンドーです。

ということで、今頃になってようやく19日(日)の早朝モビでの、6070kHz未確認局の受信音アップです。

この時間、一応 ELWA と Belaruskoje R. が出てるようですが…。


※音量に注意してお聴きください。


まずは0543ごろの音。女性の歌が確認できます。


そして上記の歌の後、0545ごろの男性トーク部分。
受信時には英語っぽく聴こえたんですが、こうして聴き直すと言語判別困難です…。(^^ゞ



ちょっとサイドがガサついてるのは、聴き取り易くするためにE1のBWを4.0にしていたためです。

ま、“超” がつくほど今日はヒマだな~って方、期待せずにちょっとヘッドホンで聴いてみてやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

海外から謎(?)の手紙来る

昨日、帰宅するとテーブルの上に外国からの郵便が…。

やた!ひさびさの返信だ!

と、わくわくしながら封筒の差出人を見ると、“From…LIBYA” とある。

ん?LIBYA? LIBYAってリビアだよな?

しかし僕はこれまでリビアにレポ出した記憶は…ない。

小さめの封筒とほぼ同じ大きさの内容物を切ってしまわないように封を開けると、中には “POST CARD EGYPT” と印刷された無記入の絵葉書と、なんともキャピキャピ♥したフンイキの便箋に書かれた手書きの英文が。


“Dear Sir” で始まる手紙を読むと、次のようなことが書いてある。


あなた(狸王)の住所をVoice of Nigeriaの “Newsletter” で知った。
私もあなたと同じようにDXを趣味にしているのでぜひ友達になりましょう。
私の名前はAli(仮名)。 年齢は35歳。 職業は旅行関係。 趣味はスポーツ、読書、DXing。
あなたのレスを待っています。


ちなみにAliさんのアドレスは私書箱になってまして、便箋はキャピ♥ってますが、残念ながら(笑)たぶん男性でしょう。
便箋のフンイキから “あっち系” のシュミの方かも…などとつい想像してしまう。(^^ゞ


まあ確かに僕は昨年V.O.Nigeriaのフランス語放送に対しレポを送り、QSLをいただいたことがありますが、たかだかそのくらいのことで、僕の住所が同局の “Newsletter” とやらで全世界に向けて(?)発信され、それがAliさんの目(耳?)に止まったというのでしょうか? しかも今頃???

どっちかと言えば、V.O.Nigeriaから僕の個人情報が漏洩したとか、そういうような可能性が高いような気がしないでもない…。

もしAliさんに他意がなかったとしたらたいへん失礼になりますが、しかし正直どうにも胡散臭さを払拭できない狸であります。(^^ゞ
ついでに言うなら、僕は外人さんと英語でやりとりできる能力はとてもじゃないけど持ち合わせておりません(苦笑)。


ということで、いま、ちょっと困惑している狸であります。
僕は(昔を含めて)初めての経験なんですが、もしかしてこんなのはBCLやってるとそう珍しいことでもないんでしょうか?

同じような経験をお持ちの方がいらっしゃればお話を聞いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

7月20日(月)早朝 自宅受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0450- / 7175kHz / VOBME / 34333
0500- / 4845kHz / R.Mauritanie / 25332
0510- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 25332
0510- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35333
0520- / 9695kHz / R.Slovakia Int. / 35443
0520- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 34333
0520- / 9790kHz / R.France Int. / 35343
0530- / 6070kHz / ?????? / 14321
0530- / 9250kHz / Wadi El Nile / 35333
0540- / 6110kHz / R.Fana / 34343
0550- / 7110kHz / R.Ethiopia / 45343
0615- / 9580kHz / Africa No.1 / 44433
0630- / 9800kHz / R.Bulgaria / 45444

RX: PERSEUS
ANT: ALA1530S+


いやぁ、予定では00時~04時をDXタイムにしてたんですけどね。
あまりの眠さに00時を待たずに轟沈し、目が覚めたのは結局ご覧のとおりの時間でした(苦笑)。


今朝は31mbが絶好調のようでした。
9800kHzのR.Bulgariaは、レポート出そうと思いIC-R75で1時間全部録ったんですが、スペイン語だし録音おこすのもメンドーな気分になってきたんでたぶん出さないでしょう。(^^ゞ

昨日入感していた6070kHzは今日もキャリアはとれました。
しかし、たまに男性トークが弱~く浮上はするものの英語か否かすら不明なほどで、やはりIDゲットは到底望めない状態でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

7月19日(日)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0350- / 4880kHz / SW R.Africa / 25332
0350- / 7145kHz / R.Hargeisa / 35333
0400- / 7175kHz / VOBME / 35333
0410- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 35343
0410- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35343
0415- / 6250kHz(LSB) / R.Malabo / 34432
0420- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 25232
0420- / 3345kHz / Channel Africa / 24332
0420- / 4780kHz / R.Djibouti / 35333
0420- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0430- / 4976kHz / R.Uganda / 25332
0430- / 11735kHz / R.Trans Mundial / 33333
0440- / 7290kHz / IRRS-Milano / 33433
0440- / 5010kHz / R.Madagasikara / 25222
0445- / 9250kHz / Wadi El Nile / 45343
0500- / 9420kHz / V.O.Greece / 44433
0540- / 6070kHz / ?????? / 24222
0620- / 9580kHz / Africa No.1 / 34333
0620- / 9800kHz / R.Bulgaria / 35333

RX: Eton E1XM
ANT: Sony AN-12


本格的な夏に入り、一般的な “早朝” の時間帯では釣果が期待できなくなってきました。
それゆえ今朝も予定では “03時受信開始” のはずだったんですが…
さすがによほど早寝しないとこれは難しいですね。(^^ゞ


今朝はギリシャ音楽でまったりしていたところに影山OMからの掲示板書き込みで6070kHzの入感を知り、あわてて追ってみましたがSAが期待できる0600前(0555くらいか)には聴こえなくなってしまいました。
まだチェックもしてませんが一応録音はしましたんで、編集が済んだら音をアップしてみようかと思ってます。

実は同波、5月6日(水)の早朝モビの際にも入感していて、僕はそのときもSAとれなかったんですが、たしか他の方がBelarusとの確認をされていたような記憶があります。(曖昧ですが…。)

まあ、またの機会に再チャレンジということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

【受信音】 7290kHz IRRS-Shortwave

7月12日(日)に自宅で受信した、Italian Radio Relay Service-Shortwaveの0430の受信音です。

あまりよい状態ではないですが、男性アナにより、“Italian Radio Relay service, Post Office Box 10980, I-20110, Milano, Italy” というアナウンスが聞けます。


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

【受信音】 3945kHz R.Vanuatu

はい、今日夕方、ICF-2010を携えてのモビでやっと録れました。

R.Vanuatu、今日は R.Nikkei がs/offした1800から “帰れコール” があった1930まで追っかけました。
どうやら今日は非常に強かったようで、帰宅後に影山OMの掲示板を覗いてみると、皆さんかなりいい状態で聴かれたようです。

当地でも1840以降の音楽時にはかなり信号が上がることもありましたが、残念ながらそれでも皆さんほどよかったわけではたぶんないと思います。
受信機やアンテナ、そして地域差等もあると思いますが、皆さん、あのジャミングをどう凌いでおられるのでしょうかね…?


録音は上記浮上時間帯より前の1829からのもので、ず~っとジャミングがくっついてますが、女性アナによる “R.Vanuatu…” がはっきり確認できるところが2箇所あります。
1つめが再生開始16秒あたり、2つめが1分21秒あたりです。

スピーカーではちょっとキビシイかもしれませんので、ヘッドホンでお願いします。(^^ゞ


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

【ドキュメント】 R.Nikkeiのイタズラ

昼間にうっかりビールを飲んでしまい、3945kHzのR.Vanuatu狙いのモビ出陣が不可能となった昨日の夕方のこと。


階下の(猛烈なノイズを撒き散らす)プラズマTVがOFF状態だったことに乗じて、「どうか、どうかそのままで…」 とカミさんを拝み倒して自室に入ったのが17時過ぎ。

PERSEUSをONして3945kHzに合わせると…
あらら、R.Nikkeiが放送中。


じゃあ今日はNikkei終了後の18時からの勝負かぁ。
でも18時以降って、それ以前の時間よりジャミングが厳しいとかいう話もあるようだし…
ま、今日もダメだろうな…。

てなことを思いつつ、今朝聴いたV.O.Turkey英語放送のレポを作成しながら時間を潰す。


んで、18時まであと10分を切った頃、再び3945kHzを訪れると…


おおっ!なんか南洋系の音楽が流れてるぞ!
しかも、しかも、えらく良好だ!


この周波数でこの音楽とくれば、こりゃもうR.Vanuatu以外にあり得ない。
R.Nikkeiのことなんか脳内から一気に吹っ飛んじゃいました。


…しかしアナウンスも挟まずノンストップで流される南洋音楽を聴いているうちに、徐々に冷静になってきた。


そういえばR.Nikkeiは1800までだったが、今日はちょっと早めに放送終了したのだろうか?
いくらコンディションが開けていたとしても、Vanuatuにしてはいくらなんでも強過ぎではなかろうか?


というような “疑問” が沸々と僕の脳内に湧いてきたわけです。


そしていよいよその時が訪れた。

はい、明瞭な日本語の終了アナウンス…でございました。チャンチャン♪


orzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorz


いや、これはもうR.Nikkei、“狙った” としか思えない。確信犯の愉快犯ですよ。
この瞬間、おそらくは日本全国で100人くらい(推定)の “ウブ” な短波愛好者が、僕と同じガックリ感を味わったに違いありません。


R.Nikkeiさん。
こんなことやってると、ぼかぁ、R.Nikkei不買ならぬ“不聴”運動を興しちゃうよ?
いいのか、ごるぁぁぁぁぁぁ~!(怒)


…コホン。 下品な物言いシツレイしました。<(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

7月11日(土)早朝 モビ受信

時々稲光がする天候の中、迷いましたが出陣しました。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0410- / 11735.0kHz / R.Trans Mundial / 34433
0415- / 3945.0kHz / R.Vanuatu? / 12321
0420- / 3396.0kHz / R.Zimbabwe / 25232
0440- / 7110.0kHz / R.Ethiopia / 45343
0440- / 9420.1kHz / V.O.Greece / 44444
0450- / 11530.1kHz / Dange Mezopotamya / 44444
0450- / 4930.0kHz / VOA-Botsuwana / 45333
0450- / 4940.0kHz / VOA-Sao Tome / 45333
0500- / 4845.0kHz / R.Mauritanie / 35333
0515- / 6110.1kHz / R.Fana / 33232
0520- / 9580.1kHz / Africa No.1 / 43443
0530- / 7205kHz / V.O.Turkey / 44444
0630- / 9800kHz / R.Bulgaria / 45433
0640- / 9575kHz / R.Medi 1 / 45333

RX: Sony ICF-2010
ANT: Sony AN-12


今日はICF-2010を持っていったんですが、E1に比べるとスピーカー(ヘッドホン)から出てくるノイズの音質が非常に滑らか(?)で、モビのロケーションのよさが実感できます。
長く聴いても聴き疲れしにくく、本当にいいラジオです。


今朝も3945kHzのR.Vanuatuに合わせてみましたが、やはりジャミングが居座っていて “何か聴こえるような…” 程度。あっさり撤退しました。

7205kHzのR.Turkeyは英語放送で、0600にCRIが同波に出てくるまで良好に聴けます。
まあ、その時間まではトーク系の番組中心で音楽が少ないのがちょっと残念でありますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

R.Vanuatuを追ってみた。

7/8の早朝モビでとれなかった3945kHzのR.Vanuatu

その後、なんかもうウズウズしてしょうがなかったんで(苦笑)、今日夕方に時間をつくって港へGOしました。


E1の電源ONしたのが17時ちょい前。
果たして1730前後から、それらしい音が浮上してきました。

しかし付近にジャミングが居座っているため、せいぜいトークと音楽の区別がわかるくらいで、とてもIDまではとれそうもない。
ゆえに半分諦め気分となってしまい、しばしばヨソの周波数へ“浮気”してたりとかやってたんですが、これがマズかった。


掲示板での影山OMの情報では、1855にクリアーにIDが出たとのことでしたが、そのとき僕は5990kHzのR.Senadoあたりへ浮気中。
3945kHzに戻ったのは、その1分遅れの1856だったのです…。orz

たしかに戻った瞬間はなんだかジャミングがおとなしくなっていて、しばらくの間(数十秒くらい?)音楽がそれまでよりキレイに聴こえて、僕も 「ん?」 と思ったんですよね…。
しかしまたすぐにジャミングが復活してきて元どおりの状態になり、その後も追いかけたものの、結局カミさんからの “帰れコール” がかかってきた1940くらいまでIDとれませんでした。


ああ、浮気なんかせずにしっかり集中しておけばよかった。
あるいは、あと1分…いや、もしかしたらあと数秒でも早く3945kHzに戻っていれば…

後悔先に立たず。
というわけで、またウズウズが続きます。(^^ゞ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

7月8日(水)早朝 モビ受信

仕事日ではありましたが、“禁断症状”が出てきましたのでちょっくら出陣。(^^ゞ
…「ちょっくら」というには少々早すぎですが。(^^ゞ


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0330- / 7175kHz / VOBME / 34232
0340- / 7145kHz / R.Hargeisa / 25232
0345- / 15120kHz / V.O.Nigeria / 45343
0345- / 15345kHz / RAE / 45343
0350- / 3945kHz(USB) / R.Vanuatu? / 12331
0400- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 35333
0400- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35343
0410- / 7110kHz / R.Ethiopia / 35242
0410- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 24332
0410- / 11735kHz / R.Trans Mundial / 24332
0415- / 3945kHz(USB) / R.Vanuatu? / 12331
0430- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 35232
0430- / 3335kHz / R.East Sepik / 35232
0440- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35232
0450- / 7450kHz / R.Makedonias / 35333
0500- / 9580kHz / Africa No.1 / 34433
0500- / 6110kHz / R.Fana / 34343
0510- / 7225kHz / RTV Tunisia / 43343
0530- / 7205kHz / V.O.Turkey / 44444
0600- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 25332

RX: Eton E1XM
ANT: Sony AN-12


我が家では夕方~夜間はプラズマTVやら何やらのノイズがひどくて、基本的にDXはムリ。

ならばいま話題の3945kHz、R.Vanuatuをキャッチするには早朝しかない!

…狙いはまあそういうことでした。

04時前に合わせてみたもののAMではまったく聴こえず、USBにするとほんのわずかにジャミングだかノイズだかの裏で何やらボソボソ声みたいのが聴こえるかなぁ…?
せいぜいそんなところで、仕切り直して0415頃に合わせたときも同様でありました。(リストでは0400までの放送となっていますが。)
どうあれこんな空耳レベルではどうしようもないです…。(^^ゞ


電波ルート的には早朝の時間帯も入らないことはないと思うんですけどね。

まあそのうちカミさんたちの目を盗んで、素直に夕方に出陣しますかね…。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

【受信音】 7165kHz R.Ethiopia

昨日アップした、V.O.Dem.Alliance の終了後、0100に開始の R.Ethiopia の受信音。
(やはり PERSEUS → PC → NEIM1031 → ICレコーダー という流れでの録音です。)


同局自体は7110kHzで国内向けの現地語放送は早朝によく聴きますのでとくにどうということはないんですが、海外向け英語放送は個人的に初めて聴きましたので、その記念です(笑)。

アップしたのは、開始時のIS~女性によるSA “This is the external service of Radio Ethiopia, broadcasting in English…” の部分です。


ところで同局のISですが、今回のこれがホンモノなんですかね?
僕は7110kHzで正時等に流れる、あのカッコイイ(?)電子音みたいなヤツがそうかと思ってたんですが。(^^ゞ
それとも国内向けと海外向けで違うんですかね?


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

【受信音】 7165kHz V.O.Democratic Alliance

6日(月)…って今日のことですが、7165kHzのエリトリア向けの地下局 V.O.Democratic Alliance の0000開始時の音をアップします。

この局はR.Ethiopiaの設備を利用しており、録音を聞き直したところ、放送開始時にISの間にアラビア語を含むたぶん4つの言語のSAを流しているようです。

今回アップした部分は、アラビア語のSA “Huna Sawt al-Tahalufa al-Dimqrati” ~IS(?)~開始アナウンスというところです。
録音の最後にも、ゆっくりしたアラビア語のSAが確認できます。

…と、さも自分で聴き取って文字起こししたかのように書いてますが、上記SAは 『WRTH 2009』 からの引用であります。(^^ゞ


※音量に注意してお聴きください。



なお、この録音はPERSEUS → PC → NEIM 1031(BHI社のDSPノイズキャンセラー)からICレコーダーに落としたものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7165kHz V.O.Dem.Alliance

現在、日付が替わった00時過ぎ。
7165kHzでR.Ethiopiaの設備を使用したエリトリア向けの放送、V.O.Democratic Allianceがたいへん良好に聴こえてます。

というか、普段この時間、この周波数に合わせることがない僕が知らないだけで、いつも良好に入ってるのかもしれません。(^^ゞ
ともかく独特の音楽がいいカンジです。


…どうでもいいけど明日は仕事。早く寝なくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

Firefox 3.5導入

我がPCは購入後すでに5年以上経過しており、IEとPERSEUSの同時起動ではPERSEUSを終了しようとするとPCがかたまってしまうとか、ネットサーフィン時にPERSEUSの音がいちいち途切れるとかの困った症状が出ます。


そんなところにリリースされた、Firefox 3.5
なんかえらく “軽い” との評判を目にしたので、試しに導入してみたところ…


おお~!
PERSEUSがフツーに終了できるし、ネットサーフィンでの音切れもずいぶん軽減されたではないですか!


いや、これはもう、本格的にIEから乗り換えなきゃ。


…というわけで、若干起動に時間がかかるのがちょっとアレですが、Firefox3.5、古いPCでムリヤリPERSEUSを動かしてる方にはオススメです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月5日(日)早朝 自宅受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0250- / 9590kHz / Sudan R.Service / 34333
0310- / 4880kHz / SW R.Africa / 35232
0310- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 35343
0310- / 4965kHz / CVC-Zambia / 35333
0320- / 4960kHz / R.St.Gabriel? / 25232
0400- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35343
0410- / 4976kHz / R.Uganda / 25332
0420- / 9550kHz / FEBA-Rwanda / 35333
0430- / 7290kHz / IRRS Milano / 33333
0500- / 7465kHz / R.Tirana / 35333
0520- / 6055kHz / R.Rwanda / 33333
0530- / 9580kHz / Africa No.1 / 33333
0530- / 9970kHz / RTBF / 44343
0540- / 7205kHz / V.O.Turkey / 44444
0550- / 9250kHz / Wadi el Nile / 43443
0610- / 9420kHz / V.O.Greece / 44443
0650- / 9800kHz / R.Bulgaria / 34443
0715- / 9760kHz / Cyprus BC / 32332


RX: PERSEUS, IC-R75, R8, NRD-525
ANT: ALA1530S+


迷ったんですが、このところ自宅でそこそこ楽しめてることもあり、今朝もモビには出かけませんでした。
なんだかんだ言っても狭い車内に篭ってのモビは疲れるし、ワッチ開始時間も遅れがちになりますし。

…とか言い訳してますが、早い話、楽なほうに逃げたということでしょう(笑)。

それにしても今朝のアフリカ方面、一部を除き当地ではダメダメでした。
ゆえにいつもよりヨーロッパ方面の受信が多くなってます。
06時以降は、好調だったギリシャやブルガリアの音楽をひさびさに楽しみました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

7月4日(土)早朝 自宅受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0240- / 7245kHz / V.O.Tajik / 44333
0300- / 4880kHz / SW R.Africa / 35343
0310- / 7290kHz / IRRS Milano / 33343
0340- / 7450kHz / R.Makedonias / 44333
0350- / 7290kHz / IRRS Milano? / 44343
0430- / 4976kHz / R.Uganda / 25232
0440- / 9375kHz / R.Algerienne / 35343
0445- / 9550kHz / FEBA-Rwanda / 44343
0500- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 25232
0520- / 4845kHz / R.Mauritanie / 25232
0530- / 9250kHz / Wadi el Nile / 45333
0615- / 9870kHz / BSKSA / 45444

RX: PERSEUS, IC-R75, R8, NRD-525
ANT: ALA1530S+


毎週土・日はモビに出かけるんですが、ちょっとマンネリ気味なので、今朝は自宅に留まって手持ちの受信機をあれこれ切り替えながらの受信を楽しむことにしました。
PERSEUSを除くとIC-R75だけが現役機種ですが、同機は古いR8やNRD-525よりかなりノイジーなカンジであまり長く聴く気にはなりません…。

今朝は、いつもはヘンな電波が被っている9250kHzのWadi el Nileが、その被りもなく非常にクリアーに聴けました。(06時を回ってからは少しずつ例の電波が顔を出してきましたが。)
掲示板でレスいただいた情報では東日本では普段どおりずっと被ってたようで、これも地域差なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

7月1日(火)早朝 自宅受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0430- / 6250kHz(LSB) / R.Malabo / 35433
0430- / 7110kHz / R.Ethiopia / 45433
0445- / 7175kHz / VOBME / 35333
0450- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0450- / 11735kHz / R.Trans Mundial / 25332
0500- / 6110kHz / R.Fana / 43443
0510- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 45333
0510- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 45444
0515- / 6055kHz(LSB) / R.Rwanda / 23342

RX: PERSEUS, NRD-525
ANT: ALA1530S+


今朝のコンディションはよかったようで、このくらいいいとノイズが多い自宅でも充分楽しめます。
PERSEUSと併用したNRD-525ですが、SSB受信に関しては他の手持ちの“オールドスタイル”の受信機の中では最も復調能力が高いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »