« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ALA330S

ええ、いきなりですがポチっちゃいました。(^^ゞ

いやホントはいきなりでもなく、ここしばらくひそかに考えてたんですけどね…。


ゲインは落ちても、その分静かさではALAシリーズ随一であろう1530無印。
オールマイティーな1530S+。
JACOMでの値引率No.1(笑)の1530+。
いずれも負けず劣らず魅力的だったんですが、結局、330Sの“SW重視”ってのが、この狸のheartを射止めました(笑)。


現在04時半。
とりあえず現用の1530S+とともにベランダに並べて、さっきからPERSEUSでテスト中。

…が、今朝は時々出る、我が家特有の16kHz間隔のインバーターノイズ(?)あり。
お空のコンディションもイマイチっぽいです。 orz

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

1月29日(金)早朝 自宅受信

今朝はモビるつもりだったんですが、シャックで出陣前チェックをしたところ、あら?思いのほか我が家のノイズレベルがかなり低め。
アフリカ方面も好調のようすだったので、結局そのまま腰が上がりませんでした。(^^ゞ

なんか最近は、アフリカ聴くには0400前くらいがベストコンディションのような印象があります。
いくら僕でもこんな早い時間にモビるのはキツいっす…。

というわけで、今朝の0330~0400ごろの60mbの状況はざっとこんなカンジでした。


FRQ / STATION / SINPO(Peak)

4780kHz / R.Djibouti / 35443
4828kHz / V.O.Zimbabwe / 35433
4545kHz / R.Mauritanie / 35333
4880kHz / SW R.Africa / 34443
4895kHz / Zimbabwe Community R. / 35433
4930kHz / VOA-Botsuwana / 45343
4940kHz / VOA-Sao Tome / 35443
4965kHz / CVC-Zambia / 45333
5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 35343

RX: PERSEUS
ANT: ALA1530S+


今朝はV.O.Zimbabweがけっこうよく入ってました。音楽局という印象が強いんですが、今朝はトーク主体だったようです。
5010kHz(USB)のMadagasikaraは音質はよくなかったものの安定して聴こえ続け、結局プッツリと終了(得意ワザ)したのは0639と遅めの時間でありました。
この他、4949.77kHzにはAngolaと思しき無音キャリアが、そして5005kHzではこれまたほとんど無音のR.Bataも出てました。


また、04時台に少し上のほうでは6055kHzのR.Rwandaが絶好調。
41mbでも7110kHzのR.Ethiopia、7175kHzのVOBMEがバッチリでした。
ちなみに7125kHzのR.Conakryは、僕が合わせたときは落ちてました。<0700現在、復活(得意ワザ)してますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

1月28日(木)早朝 自宅受信

今朝は05時前に起きたんですが、アフリカ方面のコンディションはよかったようです。
我が家にしてはローバンドのノイズレベルも低かったし、例の16kHz間隔インバーターノイズ(?)も出てませんでした。

ということで、05時前後に合わせた局を並べてみます。

FRQ / STATION / SINPO(Peak)

4780kHz / R.Djibouti / 35443
4845kHz / R.Mauritanie / 35443
4965kHz / CVC-Zambia / 45343
4976kHz / R.Uganda / 35443
6250kHz(LSB) / R.Malabo / 24332
7110kHz / R.Ethiopia / 45343
7175kHz / VOBME / 35343

RX: PERSEUS
ANT: ALA1530S+


4845kHzのMauritanieと4976kHzのUgandaは相変わらず音乗りに問題ありながら、後者はいつもよりは幾分マシでした。
Mauritanieも07時以降とか、もっと遅い時間にはかなり乗ってきますけどね。

…と書いてるうちに乗ってきたようです(笑)。<現在07時前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

【受信音】 4965kHz CVC-Zambia

別に珍しくもなんともないアフリカの強力局ですが、これまで音をアップしてなかったので今回はこれを。

この局、少なくとも僕が合わせてるときにはかかる音楽もフツーの欧米モノばかりでほとんどアフリカの香りがしないので、正直聴いてて面白くもなんともないです。<ウワ~、言っちまった。
…まあ、オマエは宗教局に何を求めてるんだ?ってハナシなんですが。(^^ゞ

録音は、1月23日(土)のモビでの0653のSA部分です。


※音量に注意してお聴きください。



ついでに同局の、翌24日(日)の上記とほぼ同時刻の音もアップしときます。

こちらもモビ時の録音ですが、前日とは大違い。60mbに時々出現する、にっくき汚染電波の影響をモロに受けてしまってヒドイもんです…。

まあ参考までに。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

1月24日(日)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0430- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 35333
0430- / 3320kHz / R.Sonder Grense / 25332
0430- / 3345kHz / Channel Africa / 34333
0440- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0440- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 35343
0440- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35333
0445- / 4965kHz / CVC-Zambia / 33343
0450- / 7110kHz / R.Ethiopia / 35333
0450- / 7125kHz / R.Conakry / 35343
0510- / 4976kHz / R.Uganda / 22332
0510- / 6055kHz / R.Rwanda / 44444
0515- / 6110kHz / R.Fana / 44444
0515- / 6890kHz / R.Fana / 33333
0540- / 4780kHz / R.Djibouti / 33333
0545- / 7125kHz / R.Conakry / 43343
0615- / 9580kHz / Africa No.1 / 45444
0635- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 23332
0655- / 7125kHz / R.Conakry / 44333

RX: E1XM
ANT: AN-12


今朝は60mb、とくに4900~5000kHzを中心に「ブブブブ…」というか「ジジジジ…」というような汚染電波が拡がって居座り、受信に支障がありました。
ありゃ何でしょうか? 迷惑ったらありゃしない…。

また、いつも安定して聴こえる4780kHzのDjiboutiにもヘンな電波が被さっていて(?)、05時台後半までろくに聴こえず。終盤はいつもの強さで聴こえてきたんですがビート混信が耳につきました。

もうひとつ気になったのが、これまでクリアーチャンネルでConakryの独壇場だった7125kHzに中国語が出てきたこと。(05時台後半受信時に確認)
今朝自分で聴いてた限りでは、04時台後半、06時台後半はConakryのみでしたが、アフリカヲタとしては今後も中国が同波に出てくるのならば残念。モビ時の箸休め周波数でもあったし…。
まあ今朝に関しては、一緒に出てたときもConakryが中国を圧倒してましたが。


昨日、僕に貴重な時間を費やさせた6250kHzのR.Malaboは出ておらず、5005kHzのBataも汚染電波の影響もあってかまったく不調でありました。


…それにしても今朝は凍えました。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

1月23日(土)早朝 モビ受信

BBSにはちょくちょく書き込んでますが、ブログ更新はひさしぶりだなぁ…。

今朝は起き出してちょっとチェックしたところ、自宅ではノイズが多かったため出陣するしかありませんでした。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0420- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 35332
0420- / 3320kHz / R.Sonder Grense / 35232
0425- / 3345kHz / Channel Africa / 35333
0430- / 4780kHz / R.Djibouti / 45343
0430- / 6250kHz(LSB) / R.Malabo / 33333
0530- / 5005kHz / R.Bata / 44333
0640- / 4965kHz / CVC-Zambia / 45444
0640- / 7125kHz / R.Conakry / 35333
0645- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0715- / 9760kHz / Cyprus BC / 34333
0730- / 6297.2kHz / RN de la RASD / 43333
0805- / 4845kHz / R.Mauritanie / 45333

RX: E1XM
ANT: AN-12


今朝は多くの時間をR.MalaboとR.Bataの赤道ギニア2局の追っかけに費やしてしまいました。
フツー、モビだとやっぱりいろんなところが気になるんで、1局に長時間かけることはないんですけどね…。

MalaboはいつもながらのLSB受信でしたが、Bataは珍しくAM SYNC-LSBでイケちゃいまして、音乗りもよく06時ちょい過ぎまではかなりクリアーに楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

【受信音】 4810kHz V.O.Armenia

今朝の自宅での受信音です。

同局の受信情報は掲示板等でも普段あまり見かけることがなく(単に常連局すぎるだけかも…)、僕自身もろくに聴いた記憶がありません。
PERSEUSのトロール網に引っ掛かってまして、一応SAも入ってたんでアップしてみます。

録音は0400からで、IS(?)、開始音楽に続いて、男性によるアラビア語のSAとなります。
SAは、WRTHに記載されてるとおり、“Huna Idha’at Jumhuriyat al-Yermaniyah min Yerevan”のように聴こえます…よね?(^^ゞ

普段同局がどんな状態で入感してるのか僕は知りませんが、こうして聴くとあまりよくないですね。しかもNRのかけすぎか音質がちょっとおかしくなってるし…。

でも再編集がメンドーなのでこのままアップします(笑)。


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月17日早朝 PERSEUSでトロール受信♪

昨日は家族で遠出ドライブしてかなり疲れましたが、今朝もちゃんと04時前には目が覚めました。
何の知識も技術も持たない狸ですが、このへんはBCLの鑑だと自分でも思います(笑)。

で、早起きできたからには当然モビるつもりでしたが、シャックでちょっと聴いてみると、60mbを中心に出現する我が家特有の悩ましい16kHz間隔のインバーター系(?)ノイズが不在、さらにはいつも聴いてる各局の信号が軒並み強め。


こうなるとわざわざ極寒の中出陣しなくても…との甘えが湧き上がってきます。
このへんは何の知識も技術もなく気合いだけが“売り”のBCLの姿勢としていかがなものか…と自分でも思います(笑)。


ということで、今朝は結局出陣することなく自宅にとどまり、06時過ぎまでPERSEUS+ALAで60mbをトロール受信しただけでしたが、4780kHzのDjiboutiから5010kHzのMadagasikaraまでの馴染みのアフリカを中心に、ろくに聴いたことがない4810kHzのV.O.Armeniaなども含めてかなり楽しめました。

自宅の受信環境から普段めったにトロールはやらないんですが、後で“タイムスリップ”して何度でも聴ける…ってPERSEUSならではの機能は、こういうときはやっぱり便利ですね~♪


現在、0730前後から(?)急浮上してきた7125kHzのR.Conakryのノリノリのアフロポップを楽しんでおります♪
昨日も0900の終了までイケちゃいましたが、今日もこの調子なら大丈夫でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

1月16日(土)早朝 モビ受信

FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0420- / 5010kHz / R.Madagasikara / 35333
0430- / 4780kHz / R.Djibouti / 45333
0430- / 4965kHz / CVC-Zambia / 35333
0440- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 35232
0440- / 3345kHz / Channel Africa / 35333
0445- / 6110kHz / R.Fana / 33443
0445- / 6890kHz / R.Fana / 43433
0445- / 7110kHz / R.Ethiopia / 45444
0445- / 7175kHz / VOBME / 45433
0445- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 34433
0455- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 24342
0505- / 5010kHz / R.Madagasikara / 35333
0520- / 6055kHz / R.Rwanda / 44444
0520- / 7125kHz / R.Conakry / 44343
0530- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0530- / 15120kHz / V.O.Nigeria / 35333
0540- / 6297.2kHz / RN de la RASD / 35232
0545- / 4845kHz / R.Mauritanie / 44333
0650- / 7475kHz / V.O.Greece / 43443
0700- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 24332

RX: E1XM
ANT: AN-12


06時を回ってから全体的にコンディションが落ちてきたようなカンジでしたが、総じてアフリカ方面はよかったように思います。

4976kHzでは相変わらずの浅い変調でしたがUgandaが出てました。
14日に出ていた7195kHzは出ておらず。やはりあれは誤送信だったのでしょうかね?


現在08時を回って自宅PERSEUSで聴いてますが、06時台にはやや落ち気味だった7125kHzのConakryが自宅でもけっこう聴けますので、この時間再浮上してるようです。さすがゾンビです(笑)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

7194.98kHzにR.Uganda?

今朝、化石さんからBBSに寄せられた情報ですが、7194.98kHzにR.Ugandaと思われるアフリカ局が出てきてるそうです。


自宅PERSEUSで7194.98kHzに合わせてみたところ、わずかに男性トークが浮き上がってくることはあったもののほとんどキャリアのみ。0559ごろ終了したようです。
クリアーチャンネルで信号強度自体はそこそこなので、やはり変調に問題がありそうです。
…アフリカらしいといえばそうなんですけど、ね。(^^ゞ

一応4976kHzもチェックしましたが出ていませんでした。(9日のモビ時には出てました。)


とりあえず週末モビのネタができました(笑)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

WJHRはOFF中

WJHRからメールがきました。


I am off the air until I get the new antenna up. The weather has been too cold to work on it. The weather is getting better and in about a week I will get around to it.

WJHR@usa.com


はは…、どおりでカスリもしなかったはずですわ。


「1週間」…う~ん、これもどうかなぁ?って気がしますね、なんとなく(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

1月9日(土)早朝 モビ受信

FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0440- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 25232
0440- / 3345kHz / Channel Africa / 24332
0445- / 4780kHz / R.Djibouti / 25332
0445- / 5010kHz / R.Madagasikara? / 25332
0450- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 43333
0450- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 35333
0450- / 4965kHz / CVC-Zambia / 25332
0500- / 7125kHz / R.Conakry / 35333
0510- / 7110kHz / R.Ethiopia / 35333
0520- / 6055kHz(LSB) / R.Rwanda / 34443
0520- / 6890kHz / R.Fana / 35343
0530- / 4976kHz / R.Uganda / 25332
0530- / 6297.2kHz / RN de la RASD / 24332
0550- / 9575kHz / R.Medi 1 / 35333
0550- / 9580kHz / Africa No.1 / 34433

RX: E1XM
ANT: AN-12


今朝は5030kHzの中国が停波していたので同波のBurkinaの生SAキャッチの大チャンスでしたが、まったく聴こえず。
ローバンドは不調だったようで、いつも聴こえる5005kHzのBataさえも不感。
4845kHzのMauritanieは出ておらず、前回のモビで入ってた3396kHzのZimbabweや、昨日、影山さんの掲示板でひさびさに受信情報を見かけて期待していた6250kHzのR.Malaboも出てなかったのか入らなかったのかわかりませんが全然ダメ…。

結局、ICレコーダーをONすることさえないまま、0630前には撤退してしまいました。


…あ、唯一7125kHzのConakryは終了の0900まで自宅でもけっこうな強さで聴こえてました。Conakry、GJ!

それと、現在0930前ですが、9575kHzのMedi 1もまだ粘っております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

【受信音】 3396kHz R.Zimbabwe (その3)=SAなし

昨日の早朝モビでひさびさに入感したR.Zimbabwe。
ひさびさの復活(?)を記念して音をアップします。


ただ、全体的に受信状態はあまりよくなく、LOGにも書いたようにSAは未確認です。
録音は0705ごろに浮いてきた、昨日のほぼピーク時のもので、音楽に女性アナウンスが被るところがありますが、SAらしきものは出てないと思います。
また、昨日僕が聴いた時間帯では、正時(≠毎正時)に出ていた太鼓のISも流れませんでした。


ということで、まあ今回は参考程度にとどめてください。
(ちなみに受信時のE1の設定は、BW4.0、Sync-USBでした。)


※音量に注意してお聴きください。



ちょうど1年前の受信時のSA、ISはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

1月3日(日)早朝 モビ受信

今朝は04時前に起きてシャックのPERSEUSでお空のコンディションをチェックしたところ、いつも自宅ではショボい4780kHzのR.Djibouti、4880kHzのSW R.Africa、4895kHzのZimbabwe Community R.などが軒並み強い入感。
さらには、Angolaがリストされてる4949.77kHzでは音ははっきりしないながらしっかりとしたキャリアを確認。

ということで、わくわくしながらの出陣でした。


FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0515- / 5010kHz / R.Madagasikara / 24322
0520- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 25222
0535- / 6220kHz / Mystery R. / 24322
0540- / 4780kHz / R.Djibouti / 45433
0540- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35433
0545- / 6297.2kHz / RN de la RASD / 34333
0545- / 7125kHz / R.Conakry / 35433
0600- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 25222
0625- / 9580kHz / Africa No.1 / 35333
0630- / 5995kHz / R.Mali / 22332
0650- / 3396kHz / R.Zimbabwe / 34322
0730- / 7125kHz / R.Conakry / 44444
0805- / 4845kHz / R.Maurtanie / 45433
0805- / 4965kHz / CVC-Zambia / 35333

RX: E1XM
ANT: AN-12


残念ながら4949.77kHzは根本的に変調に問題があるようで、モビでも音はとれず。

しかし、今朝はひさびさに3396kHzでR.Zimbabweが聴けました。(調べたら昨年8月19日以来の受信。)
あいにく状態がイマイチだったのでSAはとれなかったんですが、周波数、流れる音楽、雰囲気からZimbabweで間違いないでしょう。

R.Zimbabweは個人的にオキニ局のひとつで、モビ時にはいつも合わせてたにもかかわらずこの数ヶ月はずっと入感してなかったんですが、これは“復活”ということでしょうかね?
今朝は0700前後がピーク、0730過ぎにはかなり厳しくなりましたが、どうあれモビの楽しみが増えました。…たぶん我が家では聴こえないでしょうし。(^^ゞ


他には7125kHzのConakryが07時台に爆裂状態。アフロポップ全開で気が付けば車が揺れてました(笑)。
5030kHzのBurkinaは0800の中国終了後も同波のRTM-Sarawakが強いので、こりゃ無理だな…。


…え?WJHR?
はい、残念ながら今朝もスカでした。(^^ゞ
新アンテナが遅れてるのか? それとも新アンテナでもダメだったのか?
ただ、今朝は25mb以上のハイバンドの立ち上がりが非常に遅かったことも付け加えておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

明日はWJHR Day…?

先日お知らせしましたが、15550kHz(USB)で試験放送中のWJHRの新アンテナが明日から稼動する予定です。

現在はもともと小出力(1kWとか…)であることに加えハリケーンでやられたアンテナでの送信を余儀なくされているゆえになかなか日本まで同局の電波が届いてくれませんが、新アンテナだと受信できる可能性は高まるはずです。


まあ、あくまで “予定” ですから新アンテナの稼動開始が延期されることもあるでしょうけど、WJHRを追ってる方は明日の朝はちょっと早起きして合わせてみましょう!

時間帯は06時~07時あたりが狙い目ですかね?
ハイバンドの状態がよければいいですけどね…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【受信音】 6297.2kHz RN de la RASD

普段ほとんど合わせることのない局ですが、今朝のモビでpeace-JさんのBBSへの書き込みを見て聴いてみました。

録音は0802からで、最初の女性アナはアラビア語、その後の男性アナからがスペイン語のようです。

SAは音楽に乗って1分過ぎから始まる男性アナウンスで“...Radio Nacional Saharaui(?)...”というのが複数回確認できると思います。


個人的に馴染みのない局ながら、 “いかにも” なフンイキが漂う笛や弦楽器が奏でるオープニング(?)が僕の“オキニ・リスト”入りしそうです(笑)。


※音量に注意してお聴きください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日(土)早朝 モビ受信

皆さん、明けましておめでとうございます。
新年1発目のモビに出陣してまいりました。

…果たして今年は何回出陣となることやら。(^^ゞ

FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0540- / 4780kHz / R.Djibouti / 35333
0540- / 4828kHz / V.O.Zimbabwe / 25222
0540- / 4965kHz / CVC-Zambia / 34333
0545- / 4930kHz / VOA-Botsuwana / 35343
0545- / 4940kHz / VOA-Sao Tome / 45343
0545- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 22332
0555- / 7110kHz / R.Ethiopia / 35443
0555- / 9704.2kHz / R.Ethiopia / 34333
0600- / 7125kHz / R.Conakry / 34333
0605- / 9630kHz / R.Aparecida / 34333
0605- / 9645.3kHz / R.Bandeirantes / 34333
0605- / 9675kHz / R.Cancao Nova / 34333
0615- / 9575kHz / R.Medi 1 / 45343
0615- / 9580kHz / Africa No.1 / 34333
0645- / 11775kHz / Caribbean Beacon / 25332
0700- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0710- / 6220kHz / Mystery R.? / 23222
0740- / 7125kHz / R.Conakry / 44343
0745- / 4848kHz / R.Mauritanie / 45433
0750- / 6297.2kHz / RN de la RASD / 44333
0820- / 5030kHz / ??????? / 23222

RX: E1XM
ANT: AN-12


ちょっと出遅れもあって、クソ寒い…もとい非常に寒い中で出陣した割にはとくにどうってこともない釣果でありました。
…もっとも、どうってことなんて滅多にあるわきゃないんですけどね。(^^ゞ

目新しいというか僕が普段合わせてないところではアルジェリアから西サハラ向けの地下局(?)RN de la RASDを聴きましたが、ちょっとノイジーでした。

長らくの懸案として引きずっている5030kHzは、今朝は言語…というかフランス語か否かの判別が困難なほど厳しい状態での入感。
まあたぶんSarawakだったと思いますが、なんとなくフランス語っぽい響きのようなところもあったようななかったような…。(^^ゞ
今朝5030kHzとR.Burkinaのライブストリーミングをすり合わてみた方はおられませんでしたかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »