« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

6月26日(土)早朝 モビ受信

2日遅れのLOGアップです。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0415- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 35232
0420- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 24232
0435- / 7110kHz / R.Ethiopia / 44444
0440- / 7125kHz / R.Conakry / 44333
0455- / 7200kHz / R.Omdurman / 44333
0505- / 6110kHz / R.Fana / 44444
0505- / 15630kHz / V.O.Greece / 45433
0510- / 15345kHz / RTV Marocaine / 43443
0530- / 9375kHz / R.Algerienne / 45333
0540- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 34333
0550- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 34332
0610- / 15344.1kHz / RAE / 35333
0610- / 17680kHz / CVC-Chile / 35333
0620- / 15550kHz(USB) / WJHR? / 25232

RX: E1XM
ANT: AN-12


前日にタヌタヌ掲示板でDFSさんから報告があった3396kHzのR.Zimbabwe、6250kHzのR.Malaboとのひさびさの再会を果たすべくモビりましたが残念ながら不発でした…。

その代わりといってはアレですが、15550kHz(USB)でWJHRらしき音が06時過ぎから聴こえてました。
思ったほど状態が上がらず、寝不足と蒸し暑さに耐え切れなくなって0640頃にはモビ撤収してしまったのでSA確認には至りませんでした。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

6月12日(土)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0310- / 15540kHz / R.Kuwait / 45343
0330- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 25332
0355- / 5035kHz(LSB) / unID / 12321
0430- / 7125kHz / R.Conakry / 35232
0430- / 11600kHz / V.O.Africa / 45444
0430- / 11995kHz / V.O.Africa / 45444
0445- / 12005kHz / RTV Tunisia / 44444
0455- / 7450kHz / R.makedonias / 34333
0505- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333

RX: E1XM
ANT: AN-12


昨日、ワールドカップの開幕戦をフル観戦してからの仮眠後、一部アフリカヲタ注目の5035kHz狙いで03時台から出陣しました。

が、お目当ての波は、らしき男性トークと音楽(?)がピヨピヨ音の後ろでごく弱~く感じられるくらいで、到底確認なんぞはできない状態でありました。
0420ごろまで(?)かすかに聴こえたり聴こえなかったり…だったような。

そもそもこの日はアフリカ方面のコンディションが最悪に近いレベルのように感じたし、近頃は珍しいせっかくの“超早朝モビ”でしたがまったく面白くない結果に終わりました…。


ほんとは今朝も出陣したかったんですが、韓国vsギリシャ、アルゼンチンvsナイジェリアと連続観戦したおかげで、03時のアラームにもピクリとも反応せず。(-_-)zzz

これから連日ワールドカップは楽しみですが良し悪しですな(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

【受信音】 7610.05kHz R.Amica (その2)

昨日の早朝モビでひさびさにキャッチしたR.Amicaの受信音をアップします。
E1の受信モードはAM SYNC-LSB、Sが弱いのでアンプONでの受信でした。

録音は0430に出た男性によるSAの部分です。(開始9秒あたりから)
かなりクリアーに聴けてSAコレクション(笑)を披露できた初受信のときに比べると今回はかなり悪い状態ですが、同局はアナウンス時の了解度が高くなる(?)のでしっかり確認できると思います。


※音量に注意してお聴きください。



R.Amicaは放送開始1周年を迎えて記念放送やってるそうですが、しかしこの状態では日本で“楽しむ”のはちょっと無理ですね…。(^^ゞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月6日(日)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0420- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 34232
0425- / 7125kHz / R.Conakry / 34433
0440- / 7610.05kHz / R.Amica / 15221
0450- / 3320kHz / R.Sonder Grense / 25232
0505- / 7200kHz / R.Omdurman / 32442
0510- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 44333
0535- / 5005kHz / R.Bata / 33332
0540- / 4780kHz / R.Djibouti / 35333
0540- / 4845kHz / R.Mauritanie / 25332
0540- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0550- / 7450kHz / R.Makedonias / 44333
0605- / 15345.1kHz / RN Argentina / 35333
0620- / 15630kHz / V.O.Greece / 35333

RX: E1XM
ANT: AN-12


昨日に続いてモビりました。

今朝はローバンドのアフリカ方面はけっこうよかったように思いますが、41mbはOTHノイズがひどかったです。
04時台には好調だったConakryや、いつも素晴しい現地音楽を聞かせてくれるOmdurmanなどがこれにやられてしまい閉口でした。
なんか近頃はOTH汚染の範囲がどんどん拡大しているカンジがします…。

昨日BBSに馬場OMからR.Amica開局1周年記念放送の情報が寄せられましたが、今朝の同局は残念ながら非常に弱い入りで、まともに聴くことはできませんでした。

連日のモビで狸はすっかり睡眠不足です…。(-_-)zzz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

6月5日(土)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0415- / 7125kHz / R.Conakry / 35333
0425- / 4780kHz / R.Djibouti / 35333
0425- / 4828kHz / V.O.Zimbabwe / 25332
0430- / 7610.05kHz / R.Amica / 24322
0440- / 4976kHz / R.Uganda / 35333
0445- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35232
0455- / 6220kHz / Mystery R. / 23332
0505- / 7200kHz / R.Omdurman / 44433
0515- / 3320kHz / R.Sonder Grense / 35232
0525- / 6110kHz / R.Fana / 44444
0525- / 7110kHz / R.Ethiopia / 45433
0530- / 9420kHz / V.O.Greece / 45444
0530- / 15630kHz / V.O.Greece / 35333
0530- / 9575kHz / R.Medi 1 / 45444
0530- / 9580kHz / Africa No.1 / 44444
0550- / 7610.05kHz / R.Amica / 25222
0600- / 5005kHz(LSB) / R.Bata / 33332
0625- / 9250kHz / Wadi el Nile / 35333

RX: E1XM
ANT: AN-12


仕事のストレス発散のため、ひさびさにモビりました。

いやぁ~、ひさびさのせいもあってか、自宅との環境の違いをあらためて実感。
自宅ではショボいConakryもかつて元気だったころに近い勢いで入感。(たまたま今朝がよかっただけかもしれませんが。)
同じくショボショボのMauritanieも浅い変調ながらしっかり音がとれる状態で聴こえてました。
狙っていた4025kHzのStar R.はかすりもしませんでしたが、ひさびさにAmicaも聴けたことだし、やっぱたまにはモビらにゃいかんなぁ…と思いました。(^^ゞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »