« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

【受信音】 4750kHz R.Bangladesh Betar

LOGにも書きましたが、早朝の4750kHzといえばアフリカヲタにとってはUgandaのR.Dunamis SWらしき局が出没していることで懸案となっている周波数。
これまで同局については0400前後の放送終了時のアナウンスを狙ってたんですが、(おそらく)今朝からこの時間、同波にR.Bangladesh Betarが出てきてます。

おかげで今後は懸案クリアーのためにはもっと早い時間にモビ出陣しなくてはならなくなり、舌打ちのひとつでもしたいところですが、その昔、学生時代に聴いたものと何ら変わってないBangladeshのいかにも南アジアを感じさせる(?)ISに懐かしさを覚えたのも事実でありまして、今回はこれをアップします。


今朝は0350からピー音を伴うキャリアが出てきて、0357よりISが流れ始めました。
録音は0400直前から。
言語はわかりませんが、時報に続いて男性による“Bangladesh Betar”のアナウンスがクリアーに確認できます。


※音量に注意してお聴きください。



【オマケ】

Bangladeshが出てくる直前の4750kHzの録音です。
とりあえず周波数合わせて、まだいろいろと微調整中のところにピーが出てきました…。



【追記】

このR.Bangladesh、出てきたのはどうもこの日だけで、その後は同時間には出ていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月26日(日)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0350- / 4750kHz / unID Station / 25331
0350- / 4750kHz / R.Bangladesh Betar / 45444
0415- / 4780kHz / R.Djibouti / 43343
0430- / 6165kHz / RNT / 34333
0440- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 33333
0445- / 7175kHz / VOBME / 35333
0505- / 3200kHz / TWR-Swaziland / 24332
0525- / 6165kHz / RNT / 43443
0545- / 7200kHz / R.Omdurman / 35333
0610- / 4845kHz / R.Mauritanie / 45333
0635- / 4949.76kHz / RN de Angola / 25222
0645- / 5010kHz(USB) / R.Madagasikara / 34333
0700- / 4845kHz / R.Mauritanie / 45333
0720- / 11765kHz / Super R.Deus e Amor / 34333

RX: E1XM
ANT: AN-12


懸案の4750kHz。
0350前にモビ先に到着して合わせてみたら、微弱ながら音楽とトークがとれます。
「これは0400にあるいはSAゲット…か?」
とワクワクしながらICレコーダで録音を開始した、そのわずか数十秒後、ピーという音を伴う強烈なキャリアが同波に出現。
うん?! これまで0400前後には“ターゲット”しかいなかったはずだが…?
首を傾げながらとにかくこの邪魔なキャリアが消えてくれるのを祈りつつ待つこと数分。
0357にピー音が消えるとともに流れてきたのは遥か昔に聴いた憶えのある南アジア風のIS…。R.Bangladesh Betarでありました。
おかげでせっかく微弱ながら聴こえていたターゲットは沈没…。

う~ん、自宅ではほとんど音がとれないターゲット局、つまりUgandaのR.Dunamis SW(?)のことなんですが、これを確認するには更なる“早出”を求められることになってしまいました。
03時台前半からモビるのは正直キビシイ…。


今朝のアフリカ方面は全体として入り自体はまあまあよかったように感じましたが、60mbはやはりOTHノイズで4900kHz台は悲惨な状態。

最近音乗り好調のR.Bataはお休みだったようで、R.Mauritanie、R.Madagasikaraがそれをカバーすべく大奮闘。
お互いの存在を誇示するかのように07時過ぎまでしっかり聴こえておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

プラズマ追放…か?

以前から書いてますが不幸にも我が家のテレビはプラズマ(42型)でして、ご存知のとおりコイツがスイッチオンされた日には、せっかく聴こえているDX局も猛烈なプラズマノイズで潰されてしまいます。

それゆえ現在、自宅では(家人がテレビを観る)夕方~夜の受信はほとんど楽しめないわけですが、近頃狂ったようにテレビがまた安くなってますねー。
40型でもベーシックモデルだとシャープやら東芝やらソニーやらの液晶が7万円前後で購入できちゃいます。


そして最近は我が家の財務大臣も興味を示しておられるようです。


ワッチ中にテレビがONされるたびに、控えめに、しかし聞こえよがしに「チッ」と舌打ちをして威嚇(?)する。
現用のテレビがフルハイビジョン対応ではないことを大袈裟に嘆いてみせる。
大臣が眠っておられる耳元でプラズマによる健康被害論をボソボソと囁き続ける“睡眠学習作戦”。

これらの地道な努力がついに報われるときがきたのでしょうか?

…まあ、たぶんエコポイント制度の終了が近くなってきたせいでしょうな。(^^ゞ


ということで、もしかしたら(×2)、近々液晶への乗り換えが実現するかもしれません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

9月23日(木)早朝 モビ受信

なんかミョ~に早く目が覚めてしまい02時前より自宅でワッチしてましたが、悪天候の空電と近頃ひどくなってるOTHで興醒め…。
懸案の4750kHzも、今朝もわずかに音が聴こえるだけで0406にc/off。なかなか捕まえきれません。

という状況でしたが、せっかくの休日ということで、ちょっと雨がやんだ間隙を縫って出陣しました。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0440- / 11735kHz / R.Trans Mundial / 35433
0450- / 4975.97kHz / R.Uganda / 35333
0505- / 5005kHz / R.Bata / 34333
0510- / 9629.9kHz / R.Aparecida / 35332
0605- / 6297.1kHz / RN de la R.A.S.D. / 33232
0610- / 11780kHz / RN da Amazonia / 35333
0610- / 11925.2kHz(USB) / R.Bandeirantes / 33332
0615- / 9629.9kHz / R.Aparecida / 34333
0620- / 5005kHz / R.Bata / 44333
0650- / 11780kHz / RN da Amazonia / 35433
0710- / 11765kHz / Super R.Deus e Amor / 35333

RX: E1XM
ANT: AN-12


60mbは連日OTHに汚染されていて困ったもんです。
これではAngolaはキツイです…。

その代わりかどうか知りませんが、今朝はR.Bataが異様なまでにハッスル、ハッスル。
加減を知らぬ変調ぶりで、はっきり言って音が割れておりました(苦笑)。
でもまあ最近はここは音がよく乗ってる日が多いですね。

あまりじっくり聴いてませんが、25mbのLAも先日の早朝モビに比べると開けていたように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

【受信音】 9675kHz R.Cancao Nova (その2)

今朝のモビ受信での受信音をアップします。


早朝の9675kHzにはR.Riyadhが出ていますが、同局が0555頃に終了するとR.Cancao Novaが一気に浮かび上がってくるようです。

録音は0558過ぎから。
0600を前におなじみのSJが流れます。
ちょっとノイズとフェージングがありますが、“秋”を感じさせるには充分な強さかな、と。(^^ゞ


※音量に注意してお聴きください。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月20日(月)早朝 モビ受信

前日の家族サービス(?)の疲れのせいか、起きたのが目覚ましセット時刻の1時間後。

…といってもそれでも0430前ですから、我ながらよくもまあ飽きずに早朝ワッチやってるなぁと思います(笑)。
シャックのPERSEUSでざーっと流してみたところ、あまりコンディションも冴えないカンジでしたが、まあ3連休最終日ということで出遅れ気味ながらモビった次第。


TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

0515- / 6165kHz / RNT / 43343
0530- / 9629.9kHz / R.Aparecida / 25332
0545- / 9675kHz / R.Cancao Nova / 22332
0555- / 9675kHz / R.Cancao Nova / 45333
0605- / 11925.2kHz / R.Bandeirantes? / 23332
0610- / 4975.97kHz / R.Uganda / 35333
0615- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0615- / 5005kHz / R.Bata / 33333
0630- / 11780kHz / RN da Amazonia / 34333
0640- / 15344.95kHz(LSB) / RN Argentina / 34443
0650- / 6070kHz / unID station / 23332
0705- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35232
0715- / 9760kHz / Cyprus BC / 43333

RX: E1XM
ANT: AN-12


お目当てだった4949.76kHzのAngolaは06時以降の浮上を期待したんですが、今朝はうんともすんとも言ってくれずほぼキャリアのみ。
6070kHzも07時を前に穏やかな歌と男性トークが浮いてましたが、下からのノイズ波等の影響もあって了解度低く確認不能状態でした。
ここ、なんとなくトークが英語の響きっぽく聴こえるのは“あの局”を期待するアフリカヲタの贔屓目でしょうか?(^^ゞ


ということで、今朝は開き直って(?)ブラジル方面をいくらか攻めてみました。
いずれも常連局ですが、早朝にこれらが良好に聴こえ出しているのでお空はもう秋ですね。
アフリカ勢のピークの時間帯もしばらく前よりずいぶん遅くなってますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

9月10日(土)夕方 モビ受信

まだ暑い日が続く中、昨日は休みをとって涼みがてら阿蘇の大観峰に出かけて、夕方ちょいモビしました。

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak)

1650- / 15220kHz / Cotton Tree News R. / 35333
1710- / 5755kHz / WTWW / 34333
1725- / 5025kHz / R.Rebelde / 34333
1800- / 6135kHz / R.Aparecida / 34333
1820- / 5960kHz / R.Fly / 33343
1830- / 4985kHz / R.Brasil Central / 23332
1835- / 4840kHz / WWCR / 35333
1850- / 4754.9kHz / R.Imaculada Conceicao? / 23232

RX: E1XM
ANT: AN-12


LA方面が本格的に開けるまでもっといたかったんですが、19時を過ぎると辺りは真っ暗。
オヤジ狩りにでも遭ったらひとたまりもないな、こりゃ…などと考えてたらちょっと怖くなってさっさと店じまいしてしまいました。(^^ゞ

…という狸のヘタレぶりはまあ置いとくとしても、実際LAは九州ではかなり厳しいようですから長居してもそう大した釣果は期待できないかと。
秋が本格化するとそこそこ聴けるようになるんですけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

ラマダン終了

9月9日をもって今年のラマダンが終了。
約1ヶ月に渡って、通常0600放送終了のところを延長してきた4780kHzのR.Djiboutiも今朝から普段の体制に戻っています。
(0605ごろに終了の国歌、0607にc/offを確認。)

同じように、4750kHzに居座っていた(失礼っ!)RRI-Makassarも今朝は出ていませんでした。
一部アフリカヲタの間で懸案となっているR.Dunamis SW(0400終了?)もこれからチャンスがあるかな…?(^^ゞ

まあ非常に厳しいでしょうが、たまにそれらしき微弱電波が入感する日があるので今後要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

9月4日(土)早朝 モビ受信

TIME / FRQ / STATION / SINPO(Peak) / Remarks

0350- / 4750kHz / unID station / 22332 / 0403 s/off?
0410- / 4780kHz / R.Djibouti / 32332
0415- / 4828kHz / V.O.Zimbabwe / 25232
0415- / 4845kHz / R.Mauritanie / 35333
0420- / 4965kHz / CVC-Zambia / 34232
0420- / 4975.97kHz / R.Uganda / 35333
0420- / 5005kHz / R.Bata / 24232
0435- / 6297kHz / RN de la R.A.S.D. / 34333
0455- / 6165kHz / RNT / 43443

RX: E1XM
ANT: AN-12


05時以降も受信したんですが、それまでと同じ顔ぶれのところをうろうろしてただけなのでカットです。


いつものインバーターノイズが出ていたのでひさびさにモビりましたが、このところずっとコンディションが“目で見える”PERSEUSばかり使っていたので“耳”が頼りとなるE1での受信に戸惑いすら覚える始末…。
さらには依然続く蒸し暑さ、そして買い換えて使い始めたばかりのiPhoneでのBBS書き込みがスムーズにできずイライラしているうちに、楽しいはずのモビタイムが終わってしまいました。


4750kHzは延長放送中のRRI-Makassarの裏で聴こえていた局です。
アフリカかどうかわかりませんが、“洗練”には程遠いような原始的な(?)音楽が流れていたようです。
かなり微弱だったなのではっきりしませんが、0403に終了したように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »