« 現用RXのミニインプレ ~Palstar R30CC編 | トップページ | 【入感速報】 4780kHzのDjiboutiが好調! »

2013年2月16日 (土)

外付け同期検波ごっこ

お遊びですが、455kHz IF出力端子があるR30CCを、定評のある同期検波機能を備えたICF-SW7600GRにつないでみました。

Photo

ハハ…、中央のR8はまったく無関係です。
ICF-SW7600GRを置くところがないんでテキトーなセッティングです。(^^ゞ


んー、お遊びですが、な~んかけっこうイケるんでないの?
ってカンジがしないでもないです(笑)。

|

« 現用RXのミニインプレ ~Palstar R30CC編 | トップページ | 【入感速報】 4780kHzのDjiboutiが好調! »

受信機・アンテナ」カテゴリの記事

コメント

Vicさん、こんにちは。
>そうきましたか!
もしかして不適切な接続なんでしょうか?(^^ゞ
現状は、
R30CCのIF出力⇒35BNC-AT⇒7600GRの外部アンテナ端子
なんですが。
(最終的な音は、7600GRからセレクタを介してNEIM1031につないで外部スピーカに出しています。)

しかしこの場合、最終的に、せっかくのCollinsフィルタが活かせなくなってしまう…ということになりますかね?(^^ゞ
マズイところがあればご指摘ください。
内部雑音については、たしかに少々ハム音を感じます。

投稿: 狸王 | 2013年2月17日 (日) 11時26分

狸王さん、おはようございます。
そうきましたか!
ダブル・スーパーを2回かけているので、Quartet スーパー・ヘテロダインとでも言いましょうか。
私の経験では混信除去には効果を発揮しますね!
前回仰せのように ATT または RF-Gain は必需品だと思います。
素人考えでは混信除去には効果を発揮します。ただ何回も混合と中間周波増幅を繰り返しますので内部雑音は増えると思います。
が、優秀な受信機同志、聴感上は気にならないと思います。
技術的な面では DFS さんのコメントを待ちます。
それにしても贅沢なシステムですね。(笑)

投稿: Vic | 2013年2月17日 (日) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148145/49447414

この記事へのトラックバック一覧です: 外付け同期検波ごっこ:

« 現用RXのミニインプレ ~Palstar R30CC編 | トップページ | 【入感速報】 4780kHzのDjiboutiが好調! »