« 【宅録】 4975.97kHz UBC Radio (14/05/03) | トップページ | LOWE HF-225 »

2014年5月 7日 (水)

MFJ-1025の分配

ノイズレベルの高い自宅受信において一定の効果が感じられる、ノイズキャンセラーMFJ-1025。

4


これまでは、メイナンテナBCL-LOOP9.3とノイズアンテナALA1530S+(4分配)で捕らえた信号をMFJ-1025で“調合”(笑)してPERSEUSに出力していたんですが、ふと思いついて、調合後の出力を分配してみることとしました。


ということで、もうひとつの分配先RXに選ばれたのがAR7030Plus。

まあ、こうすると、MFJ-1025を効かせようとするなら、必然的にPERSEUSとAR7030Plusは同じ局(周波数)に合わせてないと都合が悪いことになりますが、いまの狸的受信スタイルは、おおまかなコンディションをPERSEUSでつかんで、目的をじっくり(?)聴くときは旧式RXで…というカンジなのでまあいいかな、と。(^^ゞ

ひとつ確実に言えることは、MFJ-1025のノイズヌルポイントを従来のSメーターで探すのは非常にムズカしく、こういうときはノイズレベルがしっかり見えるPERSEUSがやはり必須ということです。


しばらくこのカタチでやってみて、具合が悪かったらまた元に戻します。

|

« 【宅録】 4975.97kHz UBC Radio (14/05/03) | トップページ | LOWE HF-225 »

受信機・アンテナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。BBSに稀に書き込みさせてもらっています。
MFJ-1025ですが、どこかのwebで、一つのアンテナを2分配して接続したら、調整が簡単で、かつ効果もあった…と書かれてました。試されたことはありますか?

投稿: まあくん | 2014年5月19日 (月) 20時59分

まあくんさん、こんばんは。
ノイズキャンセラーにつなぐ2本のアンテナは、1本が目的の電波をよく拾い、もう1本はしっかりノイズを拾うというのがベストの組合せと言われてますし、動作原理からすると、単に1本のアンテナを分配してもまったく意味がないような気がしますが…
分配してるALA1530S+をMFJ-1025の2つの端子につないでやってみたら、たしかにノイズのヌルを探すのは容易になりますね。(^^ゞ
本当に期待する効果が得られているのか、しばらくいろんな場面で試してみましょうかね。
ところでこのやり方を紹介されてるのはどちらのサイトでしょうか?

投稿: 狸王 | 2014年5月19日 (月) 23時44分

キーワードを思い出しつつ検索してみました。
以下のサイトです。

http://je3ejc.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/diamod-ss-500--.html

しかし、MFJ-1025ではなくANC-4でした。
分配器を使用するんだ!だけが記憶に残っていたようです。
このサイトは結構興味深い記事が多いですね。

投稿: まあくん | 2014年5月20日 (火) 02時17分

まあくんさん、早速のご教示ありがとうございます。
朝の受信で少しチェック中です。(^^ゞ

投稿: 狸王 | 2014年5月20日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148145/56105553

この記事へのトラックバック一覧です: MFJ-1025の分配:

« 【宅録】 4975.97kHz UBC Radio (14/05/03) | トップページ | LOWE HF-225 »