« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月15日 (土)

【モビ録】 9395kHz unID (Global 24?) (14/11/15)

今朝は、いつものICF-2010ではなくLowe HF-150を抱えての出陣でした。

といっても、寝坊したので受信開始は06時前。
まあ一応HF-150のモビでの能力の再チェックはできたかな、と。


話題のGlobal 24が出てるはずの9395kHzに合わせたところ、ごく薄っすらながら音が聴こえました。

SAもへったくれもない、ほぼノイズの録音ですが、メモ代わりにとりあえずアップしときます。(^^ゞ
0723、音楽から男性トークに移ってからの部分です。


※音量に注意してお聴きください。



RX: HF-150
ANT: PA0RDT Mini-Whip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャック再編成

って、またですかぁ(爆)。

ま、技術の無いド素人があーでもない、こーでもないと小手先レベルでもがいてるだけです。(^^ゞ


今日の作業で決めた、これからしばらくの自宅ワッチ構成。

ALA1530 ⇒ PERSEUS
BCL-LOOP9.3 ⇒ AR7030Plus、IC-R75、HF-225、HF-4E(S)
303WA-2 ⇒ R30CC


RXではPalstar R30CCが再登板。
外れたLoweのHF-150には、本格的なシーズンを迎えたモビにて頑張ってもらうことにしました。


ALAに関しては、このところ、

ALA1530S+(4分配)

ALA330S(4分配)

ALA1530S+改(室内IFを“無印”のものにチェンジ=2ndアンプレス)(2分配)

てなカンジでふらふら浮気してましたが、結局、原点回帰で “無印” に。
ALA最新型もゲイン重視のようだし、やっぱバランスのよさでシリーズ中ベストでしょう。

【11/16追記】

上記編成やめ。(^^ゞ

ALA1530 ⇒ R30CC
BCL-LOOP9.3 ⇒ PERSEUS、AR7030Plus、IC-R75、HF-225
303WA-2 ⇒ HF-4E(S)

以上に変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

【モビ録】 15550kHz(USB) WJHR (14/11/08)

8日(土)の朝モビでのWJHR(USB送信)の受信音。

0601からのSAを含む部分をアップします。

RXはICF-2010、ANTはPA0RDT Mini-Whip。


※音量に注意してお聴きください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

【モビ録】 5066.3kHz Radio Candip (14/11/08)

今朝のモビでのR.Candipのエンディングの音、0516からc/offまで。

律儀に馴染みのエンディングパターンをやってくれたからいいものの、“素”で聴いたら局判定は難しいレベルでした。(^^ゞ


※音量に注意してお聴きください。



RXはICF-2010、ANTはPA0RDT Mini-Whip。
AM Sync-Lowerモードでの受信。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月8日(土)早朝 モビ受信

TIME(JST) / FRQ / STATION / SINPO(Peak) // REMARKS

0455- / 5066.3kHz / R.Candip / 25232 // 0517 c/off
0520- / 4760kHz / ELWA / 24232
0530- / 4975.9kHz / UBC R. / 35232
0535- / 5915kHz / ZNBC 1 / 25332
0540- / 15476kHz(USB) / LRA36? / 25321
0545- / 15550kHz(USB) / WJHR / 25322 // 0601 SA
0610- / 4760kHz / ELWA / 25332
0615- / 11769.9kHz / V.O.Nigeria / 45433
0630- / 4760kHz / ELWA / 22332 // QRM: Number Station(USB)
0645- / 15345.5kHz / RN Argentina / 45433
0645- / 11780.1kHz / RN da Amazonia / 45433
0650- / 4760kHz / ELWA / 25332

RX: ICF-2010
ANT: PA0RDT Mini-Whip


ジャミングがスキップすることを期待していた5995kHzのMaliですが、今朝はジャミ治まらず不発。
15476kHzの南極も、薄っすら音は感じられたものの上がってきませんでした。

BBSに最近よく投稿があるR.Candipとは久々の再会。
今朝は受信開始時はけっこう来てると思ったんですが、後で以前の音と聴き比べてみたら全然たいしたことなかったです(苦笑)。
エンディングパターンでなんとか同局と判定できたレベルでした。


ニュースとしては、4975.96kHzのUgandaが復活したようですね。
今朝は他を追っていてほとんど聴く時間がとれませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

【宅録】 6034.96kHz Bhutan BS (14/11/03)

いつの間にか復活した(?)Bhutan BSの今夜の自宅での音です。
ジャミングは相変わらずでしたが、今夜はいつもより音が乗ってたようです。

RXはAR7030Plus、ANTはBCL-LOOP9.3の4分配でLSBモードでの受信。

20時開始の英語放送の直前、1959からの録音です。


※音量に注意してお聴きください。



“らしくない”歌が終わって、つなぎの(?)“らしい”音楽に続く女性の英語アナウンスがかなり深めですが、それでも聴き取れない狸…(苦笑)。

つーか、SA出てますかね?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »